ブランドロゴ


          シルバーのお手入れについて

      銀は手入れをせずそのままにしておくと黒く変色し、輝きを失っていきます。
      空気中の微量な硫黄分や汗等と銀が反応して表面に付着する現象です。
      ロジウムメッキなどの表面処理を施す方法もありますが、それは銀では無くなってしまうので一刀では
      メッキ処理は行っておりません。


      普段のお手入れ方法を簡単に説明致します。
      ちなみに、黒くなってしまった銀も個人的には好きです。“いぶし銀”という言葉はここから来ています。


     
<日頃のお手入れ>

      こまめに柔らかい布で拭くようにして下さい。自分の銀を大事にしてるって感じがして気分的にもいいです。(笑)
      保存する時はチャック付きのビニール袋などに入れて空気と遮断してあげると輝きが保てます。

     <ちょっと黄ばんできたか?ぐらいの場合>

      ちょっと黄ばんできたかな〜程度の汚れなら、薬局などで売っている『重曹』(=重炭酸ナトリウム)でキレイに出来ます。
      銀に重曹を適量付けて、水と混ぜながら歯ブラシなどでこすってやるだけです。

                           

      ちょっとわかりずらいですが、左の写真が黄ばんだ状態、右の写真が重曹で磨いた後です。
      黄ばみとくすみが取れて、新品と同じ輝きを取り戻してます。

              



     
<久々に見てみたら、、なんじゃこりゃぁぁ!ぐらい真っ黒の場合>

      重曹だと落ちきれない汚れなので、クリーナーなどを使ってキレイにします。
      人によって方法があるみたいなのですが、色々試した結果以下の方法が一番いいみたいです。

      むか〜し使ってたリング。こいつをキレイにします。全く輝きも無いし凹んだところは真っ黒です。

                          

      Step1:クリーナーに浸ける
      市販のシルバークリーナーに浸けます。彫金工具店でなくても、アクセサリー屋とかで簡単に手に入ります。
      浸せる時間が決まっているので、注意書きをよく読んで使ってくださいね。
      黒かったところがとりあえず真っ白になります。

               


      Step2:研磨剤で磨く
      これまたアクセサリー屋などで売っている研磨剤入りの布などを使って表面を磨きます。
      一刀では”ウィノール”という専用の研磨剤を使っています。
      <注意!>表面などを荒らしてわざと光沢を消している部分は避けて使ってください。磨かれてしまいますので。
      この時点でピカピカになっているはずです。

               


      Step3:重曹で仕上げ
      これが一番大事です。研磨剤で磨くとピカピカになってますが、溝などに研磨剤が残ってしまっている状態です。
      これを重曹で磨いて落としてやります。特に彫りの作品は彫り跡に研磨剤が残るとせっかくの輝きが無くなってしまいます。
      銀に重曹を適量付けて、水と混ぜながら歯ブラシなどでこすってやるだけです。

      完成です。見違えるほどキレイになりましたね。

                          



      銀は「磨けば光る、ほっておけば曇る」まるで人間みたいですね。



                                    Back